TEL:0120-799-099 受付時間:8:50~17:00 お問い合わせはこちら

更新情報

聞くこと と 話すこと

2017年09月06日 コンサルの眼

聞くこと と 話すこと

先日こんなフレーズを教えてくれた方がいました。

“When you talk, you are only repeating what you already know.
But if you listen, you may learn something new.”   -Dalai Lama XIV

“あなたが話す時、あなたは既に知っていることを繰り返しているだけです。
しかし、あなたが聞く時、あなたは何か新しいことを学んでいるでしょう。”

まさにその通りだなぁと思いました。
とても分かりやすくて良い言葉ですね。

コンサルティングの仕事をしているときには、
「聞くこと」と「話すこと」を意識して使い分けるようにしています。

クライアントの頭の中に無数にある課題(潜在的なものも)や情報をヒアリングで抽出して、
整理して、繋げてみたりしながら解決の糸口を探る作業です。

よく勘違いされるのですが、コンサルの仕事は “解決策(正解)を教える” ことではないのです。
そもそも絶対的な正解なんてないと思っていますしね。
大切なのは「質問力」とでもいうのでしょうか。

 

コンサルティングの先輩から昔教えてもらったコンサルに必要なスキル。
①ヒアリング
②ロジカルシンキング
③ドキュメント
④プレゼンテーション
⑤ファシリテーション

“ヒアリング”がまず最初にきて、“プレゼンテーション(話す)”は4番目になっていますね
その方は順番はあまり気にせずに教えてくださったのかもしれませんが、個人的にはこの順番を大事にしています。

堤辰之介

IMG_20170906_213837_645